外人の読書感想文

年間100冊読破する「外人」がオススメの本を紹介するブログ、のつもり   (7割が雑記かもしれない)

ブロガーが陥る「もうブログ書きたくない症候群」の打開策を外人なりに考えてみた

お久しぶりです、外人です。

 

今日はブログのお話。

f:id:flying_orange:20180310190657p:plain

 

このブログをかなり放置してしまった。

最後の記事が約3週間前だったので「時の流れのはやさ」を痛感せずにはいられない。

 

なんでこうなってしまったのか?

その「なぜ」を突き詰めたら「もうブログ書きたくない症候群」の打開策が見えてきたのでまとめて見たい。

 

その前に、、

「もうブログ書きたくない症候群」

勝手に名付けたが、いわゆる無気力(アパシー)のことだ。

三日坊主ともいう。

ブログ初心者がハマりやすいやつ。

 

原因分析手段:「そもそも論」で考える

何かを振り返る時に使える方法。

前提を思い出すために、「そもそもなぜ〇〇したのか?」と考える。

 

Q:「そもそもなぜブログを始めたのだろうか?」

A:自分の考えを発信して記録を残したいから

 

Q:「そもそもなぜ自分の考えを発信して記録を残したいのか?

A:日々の職場と家の往復生活で学生時代に自分の考えを他人に伝えたり共有したりする様な時間がかなり減ったし、1年があっという間に感じてきて記憶で振り返ることも減ったから記憶から記録に変えていきたいと思ったから

 

この様に、自問自答で色々な考えが明文化できる。

 

では、

Q:「そもそもなぜブログを続けられなくなってしまったのか?」

A:仕事が忙しくなって自分の時間が少なくなった、少ないプライベートの時間で癒しを求めてテレビや漫画ばかりしていた。そこにブログの入る余地がなかった。

 

ということまでわかった。

どうやら、俺の限られたプライベート時間の中で「ブログ記事を書く」ことのプライオリティが低いことが判明した。

 

あとは簡単だ

Q:「そもそもどうやったらブログ記事更新のプライオリティが高くなるのか?」

A:ブログ記事を書くこと=テレビ漫画よりも癒しになること。あるいは、ブログを書く余裕ができる生活にすること。

 

Q:「そもそもどうやったらブログ記事更新が癒しになるのか?」

A:多くのブロガーの方々と意見交換したりして交流できること

 

答えが見つかりました。

というわけで、まずはブロガー友達を増やしていきたいと思います。

ぜひ俺とブログ友達になりましょう!(左上の友達になるボタンをポチッと!)

ツイッターもやっているのでフォローお願いします↓

twitter.com

 

では、今日はこの辺で。